表紙へ戻る

Ritz'n

りっつんについて

営業のお知らせ・アクセスマップ りっつんの環境方針 読む、りっつん 考える、りっつん りっつん夜学

突撃レポート

アレッポの石鹸に恋して
東京都 株式会社「アレッポの石鹸」さん

アレッポの石鹸、皆さんはご存知ですか?
そのしっとりしとした使い心地はりっつん開店当時からの人気商品です。「まだ使ったことないわ」という方はりっつんのお手洗いに置いてある石鹸を是非お試しください。そのマイルドな使い心地に驚かれることでしょう。

アレッポの石鹸は完全無添加なので環境に優しく、赤ちゃんからご年配者まで使っていただくことができます。また、その用途も洗顔・全身・洗髪(石けんシャンプー)・髭剃り・メイク落し・シャツの襟元の汚れ落し・歯磨きなどさまざまです。
アレッポはシリア第2の都市、長い間交易で栄えてきました。アレッポの石鹸はいわば地域の特産品です。オリーブオイルとローレルオイルを原料とし、添加物や香料を一切使わずに300年以上も昔から変わらぬ釜焚き製法で作られています。今回はそんなすばらしい石鹸を日本に紹介してきた株式会社アレッポの石鹸 (東京・福生)さんを片野が取材しました。

   

↑ページの先頭へ戻る

アレッポさん教えてください!!

Q1.どうしてこの石鹸を日本で販売しようと思われたのですか?
A1.我々の創業者の一人は昔、バックパッカーだったんですね。旅の途中、シリアでこの石鹸と出会い、とってもいいなあと思ったんです。そのころアレッポの石鹸は日本で「シリアの文化」として紹介されることはあっても市場ではまったく無名の存在でした。この伝統的な石鹸を「自然食品店」で紹介したらどうなるだろう?と思ったのがきっかけです。

Q2.シリアとの取引上、大切なことは何ですか?
A2.人を見て商売をするのがアラブ人です。彼らは、「たとえ質のよくないものを見せても、相手がわからなければ仕方ない、わからないほうが悪い・・・」という考え方をします。その中で信用関係を築き、見極め、取引していくことが大切です。

Q3.日本ではノーマルとエキストラ40の2種類販売していますね。
A3.これは使用しているオイルの比率によります。ノーマルはオリーブ:ローレル=9:1、エキストラ40はオリーブ:ローレル=6:4なのです。実はね、シリアではエキストラ40は売っていないのです。エキストラ40は日本のためにわざわざ貴重なローレル油を40%も配合してもらった特注品です。この商品は高価なだけでなく、製法的にも非常に難しいのです。エキストラ40が売れるのは嬉しいのですが、作り手のことを考えるとちょっぴり複雑な気分ですね。

↑ページの先頭へ戻る

アレッポの石鹸ができるまで

<材料>

  • ・オリーブオイル…アレッポの北に広がるオリーブの木々は昔ながらの栽培法で農薬も使わずに作られています。このオイルはとても深い緑色をしています。
  • ・ローレルオイル…山地に自生する月桂樹の実から得られる、現地でも非常に貴重なオイルです。月桂樹には高い殺菌効果、消臭効果があります。
  • ・苛性ソーダ

釜炊き

  • 1、石鹸造りの釜焚きは一年に一回、冬にしか行われません。オリーブ油と苛性ソーダを混ぜて加熱・冷却を繰り返し、3日目にローレル油を加えます。釜焚きは3昼夜じっくりと行われます。火加減や火を落とすタイミングも含めて、長年の経験と知識と感が必要とされる職人芸です。
  • 2、床に薄紙を敷き、石鹸を流し込みます。
  • 3、石鹸は切り分けられ、スタンプを押されます。

熟成

ひとつひとつ積み重ねられ、1~2年積み置かれてから出荷されます。この熟成期間の間に緑色の石鹸の表面が徐々にアメ色に変化し、より堅く使いやすい石鹸になっていきます。ちなみに普通の石鹸は熟成期間は長くても1ヵ月半程度です。

↑ページの先頭へ戻る

アレッポ石鹸職人の技術

石鹸の熟成度合いは職人がなめたり、臭いをかいだりして見極めます。石鹸が若くて苛性ソーダがまだ残っていると舌がピリピリするそうです。アレッポの石鹸は日本酒の杜氏と同じく、各工場の石鹸職人がその技術を支えており、製法も職人によって微妙に異なります。
りっつんで販売しているアレッポの石鹸は350年の歴史を持つアデルファンサ社さんのもの。こだわりの品質をどうぞお試しください。

↑ページの先頭へ戻る

循環型社会のオリーブ文化

オリーブの一番搾り油はいわばオリーブのジュースとも言えます。シリアではこれを食用に、さらに二番搾り油を石鹸などに使います。二番搾り油は緑の色素やオレイン酸などの栄養素を豊富に含み、石鹸に最適なのです。
さらにオリーブの搾りかすは燃料に使用したり、次のオリーブを育てるための肥料なります。こうやって循環型社会のオリーブ文化が形成されているのです。

↑ページの先頭へ戻る

スタッフ片野の感想

オリーブの循環型社会についてのお話を聞いたとき、私はとっても感動しました。昔は日本にもあった「米→わら→田」の循環型社会。それとそっくり同じものがアレッポのオリーブ畑で行われていたのです。こんな素敵な商品を日本に紹介してくださった(株)「アレッポの石鹸」さんに感謝です。皆さんもどうぞ素朴な石鹸の中にシリアの風を感じてみてください。(2007年6月吉日)

↑ページの先頭へ戻る

■その他のレポートは→コチラからどうぞ!

ページの先頭へ戻る

表紙へ戻る