表紙へ戻る

Ritz'n

りっつんについて

営業のお知らせ・アクセスマップ りっつんの環境方針 読む、りっつん 考える、りっつん りっつん夜学

バックナンバー

自分の声があまり好きではない…という方、多いのではないでしょうか?今回は「喉を傷めずに出す自分らしい声の発見」をテーマに、体のほぐし方・体勢の整え方から呼吸をしていき、体の内側から出てくるような発声をしていきましょう!昨年末から注目されている、新井満氏作曲・作詞者不詳の「千の風になって」を全員で歌います。これから歌をうたってみたいという方はもちろん、今まで歌うことや発声することで喉を傷めてしまった方、発声の基礎を学びたい方、ただ歌ってスッキリしたい方、人と話すときにもう少し大きな声や自分らしい声で話したい方など、大勢の方のご参加をお待ちしております。

ふと気がつけば「りっつん夜学」も20回目の開催を迎えました。今回は歌が大好きなりっつんスタッフによる、自分らしい声の発見をテーマにした"ボイストレーニング"です。みなさん今宵は、しっかり声を出し、おなかをすかせて、おいしいまかないを食べて、楽しいひとときをお過ごしくださいませ…!

店主のあいさつ

店主のあいさつ

こんばんは、りっつん店主のコシミズです。
今晩もたくさんのみなさまにお集まりいただきまして、幸せに存じます。
「学びて思わざれば則ちくらし」、考えなけらば何もならない、背丈2mの孔子先生がおっしゃったそうです。この夜学は、「知って考えることを知る」ことを標語にしています。知識を積み重ねることが目的ではなくて、「知って考えること」作法を自分のものにする学びです。

私は、動物実験にウサギが使われるのはウサギが鳴かないから、ビーグル犬が動物実験に使われるのはビーグル犬が人になつくからということを知って、40数年生きてきて、初めて深くいろいろいろいろと考え、このお店をオープンしました。
りっつん夜学は今回で20回目、今夜のそして、今後の夜学がみなさまにとって考えることのインデックスになればと思います。今宵の講師は、りっつん歌う料理人。昨年筑波大学を卒業し、りっつんに飛び込んでくれた、いのししどしの池田麻衣子さんです。若いのにさまざまなキャリアの持ち主です。
幼児は黙読ができません、声を出さないと本が読めない。人間にとって「声を出す」ということは、忘れてはいけない大切な記憶のひとつだと思います。私たちは社会のコンビニ化の中で、ますます沈黙の社会に生きています。歌を忘れたカナリアにならないよう、本日は思いっきり自分の声を出してみたいと思います。
録音再生した自分の声が大嫌い、というコンプレックスがなくなるのではと、私も楽しみにしていました。それでは、どうぞお楽しみください。

↑ページの先頭へ戻る

いよいよはじまり!まずは自己紹介から。

自己紹介

まずは参加者のみなさまから簡単に自己紹介をしていただきました。
今現在、歌を勉強されている方・講師の池田さんに誘われた方・幼稚園にお勤めの方・はっきりした声を出したい方・昔、音楽をやっていた方…中でも多かったのは「自分の声が好きじゃない」という方。
みなさんのあいさつを聞いて、講師の池田さんが言ったことは「みなさんの声、ちゃんと聞こえていますよ。とてもいい声です。みなさん自分のいい声に気がついていないだけなんです。」

~それでは!「いい声」目指してボイストレーニングスタートです!~

ボイストレーニング風景

1、最初のステップは歌詞の音読

本日の練習曲は昨年の紅白歌合戦で話題となった「千の風になって」です。まずは、この曲の歌詞を全員で声に出して読むことからはじまりました。意外と「歌詞を読む」ということ、よく歌う方でも通り過ぎてしまうのではないでしょうか?声に出して読むと、しっかり、歌詞が体の中に入ってくる感じがします。

2、曲のイメージにあった本の紹介

次に、講師の池田さんが本日の練習曲のイメージにあうと感じた、本の一説を紹介してくれました。池田さんをじっと見つめて…目を閉じて静かに…うつむきながら…みなさん様々に池田さんの声を耳に吸い込んでいました。

3、次は声を出しやすいように体をほぐします

声を出す、準備運動開始!首や手足や腕をまわし、肩をのばし、筋肉をほぐして体をリラックスしていきます。その時大切なのは「呼吸」。徐々にかたかった体がポカポカしてきます。

4、姿勢のイメージと呼吸を意識していきます

体があたたまったところで、歌う姿勢と呼吸についてのレクチャーに入りました。つま先を肩幅に開き、かかとをしめて、おへそから下に力を入れる…下半身は「山」の如く、どっしりかまえると声が出しやすいそうです。反対に上半身はリラックスをして「鳥」の如く、軽やかにすることが大切とのこと。
姿勢を正した後は、呼吸について学びました。いつもしているはずの呼吸ですが、学ぶことがたくさんあって驚きました!ゆっくり、しっかりと呼吸をしていきます。そのときのイメージは「風船」だそうです。

5、いよいよ発声!

口をあけずに歌う、ハミングからスタートして、徐々に声を出していきます。30分近い時間が発声練習に費やされました。高音の発声もきれいにきこえて、女性が多い本日の夜学ですが、低音もかなり深いところまできこえてきました。歌うときは、口の形や顔の筋肉の動き、そしてイメージが大切ですと池田さん。

6、歌の音をとって、合唱の準備です

座ってまず、曲のメロディーを聞き、数小節ずつ声を出し音を確認していきます。練習曲「千の風になって」が最近よく耳にする曲とはいえ、みなさんあっという間にできて講師の池田さんも驚きです!

7、ついにここまできました…合唱!

総まとめ、伴奏に合わせて"合唱"です。「一曲入魂!」でも体はリラックスして、楽譜をよみながら、丁寧に声を出していきます。お店の中いっぱいに美しい曲が響きました。

自己紹介からはじまり、ひとつひとつ段階を踏んで、最後に「合唱」。みなさんいかがだったでしょうか?ご自分の声に耳を傾けることはできたでしょうか…。

↑ページの先頭へ戻る

2時間しっかり声を出して、おなかがすきました!食事の時間です!

本日のまかない

<本日のまかない>

◆ベジタリアンバーガー
◆玄米コロッケ
◆タラモサラダ
◆白ゴマと黒ごまのプリン
◆三年番茶

今回のまかないはりっつん自慢の"ベジタリアンバーガー"です。
バーガーをほおばりながら、みなさん今日のトレーニングを振り返りました。

↑ページの先頭へ戻る

参加したみなさんの感想

  • ◆発声練習の前後で、話す声でさえ響きに変化しているのに気がつき、発声練習の大切さを実感しました。
    また、声を出して行く過程でどんどん自分の声が変わっていき発声練習の楽しさも発見できました。
  • ◆ストレッチや呼吸練習をしただけでも体中が温かくなって、すごく力が抜けました。少し工夫するだけでずい分違うんだなと感じました。今回の夜学に参加して、やっぱり歌を歌うのって楽しいなと思ったので、力まずにもっと自由に歌っていきたいです。素敵な授業をありがとうございました。
  • ◆今日はみなさんと一緒に歌うことができてとても気持ち良かったです。リラックスするということがなかなかできなくて、いかにいつも無駄な力が入っているのがわかりました。
  • ◆わかりやすくてとても良かったです。生まれてはじめて発声法を真面目に練習しました。
    今日から一人で自室で発声します!
  • ◆歌う前に発声練習をすると、とっても気持ち良く声がでることを知りました。今後役に立ちそうです。
  • ◆「千の風になって」が大好きなので歌えてうれしかったです!
  • ◆ボイストレーニングは初めてで、やってみるとかなり大変なんだなと思いました。
    ほほえみながら歌うと歌声までも明るく楽しくなるなど、色々なことを教えていただいて、まさに目からうろこ状態でした!もっと色々教えてください。
  • ◆久しぶりに大勢で歌って楽しかったです。今日学んだことを日々の生活の中で実践していきたいと思っています。
  • ◆発声の素人としては手とり足とりされないとわからない事が多かったので、もっと少人数で教えてもらえるといいなと感じました。
  • ◆ヨガをやったことがありますが、呼吸の基礎は同じようでしたが腹式呼吸結局身につかず、今回も考えないと出来ない感じでした…。やはり続けないとモノになりませんね。
    歌うことが体にいいということを体感できました。
  • ◆呼吸法がとても良い勉強になりました。仕事で疲れた時や、緊張した時に使えると思いました。
    発声法は初めてで少し難しかったですが、楽しく参加できました。
  • ◆相変わらず歌は下手ですが、楽しかったです!講師の先生の「歌うのって楽しい、歌うの大好き」という気持ちと人柄が現れたセミナーでした。帰りの車の中で歌っていると思います…!

↑ページの先頭へ戻る

講師「池田麻衣子」の感想

緊張はしましたが、準備から何もかもが楽しかったです。
お金では買えないものを感じ、また手に入れたと思います。

振り返ってみると、夜学の2時間に詰め込み過ぎな位に沢山のことをやったなと思います。何年もやってきた発声の中で発見した、私が大事だなと思うところの 8~9割をなるべくシンプルに伝えました。しかし、私自身がまだシンプルな人間ではないので、どうだったかな、と思います。振り返って、熟考して、ボイストレーニングとしても、ワークショップとしても質を高めていきたいです。

この夜学が、個々人が「声を発するということ」に何かしら一度還るきっかけを作るものになっていれば、と思います。やることが多いと感じた人もいたかもしれません。しかし、今回やったことがいつか必要になったとき、自分の中で気づきとして芽を出す日がくると思いますので、安心して、私が言ったことで不必要なことは忘れてください。

私の性分のように、発声もやって、歌の中身についても考えるという欲張りな夜学になったと思います。今みなさんに伝えられることはやったぞ、という感じです。

この夜学を一緒につくり上げて下さったみなさん、本当にありがとうございました。
みなさんに心よりお礼申し上げます。

↑ページの先頭へ戻る

今回の夜学のご案内

【第20回】 3月28日(水)19:00~21:30
「ボイストレーニングワークショップ ~自分らしい声の発見~」
講師:りっつんスタッフ"歌う料理人"池田麻衣子
まかないつき学費 2,000円
定員 14名

今回はりっつんスタッフ池田による、ボイストレーニングワークショップです。
自分の声があまり好きではない…という方、多いのではないでしょうか?今回は「喉を傷めずに出す自分らしい声の発見」をテーマに、体のほぐし方・体勢の整え方から呼吸をしていき、体の内側から出てくるような発声をしていきましょう!昨年末から注目されている、新井満氏作曲・作詞者不詳の「千の風になって」を全員で歌います。これから歌をうたってみたいという方はもちろん、今まで歌うことや発声することで喉を傷めてしまった方、発声の基礎を学びたい方、ただ歌ってスッキリしたい方、人と話すときにもう少し大きな声や自分らしい声で話したい方など、大勢の方のご参加をお待ちしております。
「みんながいい声をもっている!」

■次回夜学のお知らせ、お申込などはコチラからどうぞ!
■別回の夜学レポートもご覧いただけます→コチラからどうぞ!

■お問い合せ:夜学についての内容および講師の個人的なお問い合わせについては、メールで承っております。

ページの先頭へ戻る

表紙へ戻る