表紙へ戻る

Ritz'n

りっつんについて

営業のお知らせ・アクセスマップ りっつんの環境方針 読む、りっつん 考える、りっつん りっつん夜学

バックナンバー

「第6回りっつん夜学 立ち上がる編集~お店が出来る瞬間に必要なツール~」りっつん店主・編集学校代匠・小清水美恵

9月に開催した第1回目に引き続き、りっつん店主・小清水による第2回目の夜学が開かれました。今回は参加者すべてが女性。2回目にして初参加の方も多数おられ、和気あいあいとした雰囲気で進んでいきました。スタッフ飯田がレポートします。

まずは、お店づくりのヒントから。

小清水のお話が始まりました。

「第6回りっつん夜学 立ち上がる編集~お店が出来る瞬間に必要なツール~」りっつん店主・編集学校代匠・小清水美恵

「悩んだり、迷ったら、一回戻ってみる。」

結婚して19年になるんだけど、この結婚が間違いだったんじゃないかって思うことがときどきあります(笑)。会社や仕事に息詰まっちゃったときとか、イベントをやるのに壁にぶつかったときなど、投げて逃げてしまおうかなどと悩んだり迷ったりするときも同じです。でも、どうしてこの仕事をやろうと思ったのか、どうしてこの会社に勤めたのか、どうしてこの人と結婚したのか、もう一度原点に立ち戻ってそのときの自分を見てみることが大切です。そして、自分の不足を見つけて、同じことを繰り返さないように、もう一度情報を編集し直しながら違う方法をみつけてやり直すことが重要なのです。

--ここで参加者に簡単な自己紹介をしていただきました。
この日のメンバーは8名。いずれ何かやりたいけれど、何かが見えない。やりたい夢はあるけれど、今、どうしていいかが分からない。など、パワーを持った方々が集まりました。
「私の名前は○○○○と申します。私には○○はありますけれど、○○はありません」というユニークな形式。
例えば、、、パソコンはありますけれど、パソコンは使えません。行動力はありますけれど、落ち着きはありません。などなど、皆さんの魅力が引き出された、おもしろい自己紹介となりました。

↑ページの先頭へ戻る

--再び、お話へ。

「お店を作るなら、2+1(ツー・プラス・ワン)」

お店を始める上での大切な発想は、「2+1」。2つやりたいことが決まっているとしたら、もう一つはまったく自分が知らないこととか、未経験のこととかをやるといい、とのこと。夜学を始めたのも、まさにこの発想。りっつんには、雑貨屋があって、レストランがあって、もう一つ何か・・・。と言うときに、この夜学がスタートしました。もう一つの何かによって、お店はオリジナルなものに変わることができます。

↑ページの先頭へ戻る

--そして、エクササイズの時間に突入。

夜学の様子

いかに人の話を忠実に聞いていないか。

まずは「いかに聞いていないか」という実験。小清水が読み上げる、とある本の一節をじっと聞き、読み上げたあと、どんな話だったかを紙に書き出してまとめるというもの。これが、覚えているようであまり書けない。。。「けっこう人の話を聞くのって難しいんですね。相手の話を聞きながら勝手に編集しているんです」と話す小清水。なるほど~、いかに聞いていないか、実感。痛感。いたたたた・・。

情報を広げる。

次は、編集学校のワークブックからのエクササイズ。まず制限時間3分間で自分が持っている「モノ」を言いかえてみたところ…10個以上に言い換えができた人は3~4人。モノにはいろいろな情報がつまっています。頭をほぐして見ると、同じ物でも違うふうに見えてくるそうです。頭の中で注意のカーソル(発想)が飛ぶ瞬間を、よーく確認することが大切なようですよ。情報が氾濫していると、ある目的へと動かしている好奇心が負けてしまう。負けないためには、注意のカーソルを意図的に動かせるように、上手に使うことが必要なのですね。

情報を絞り込む。

今度は、情報を取捨選択しながら絞り込んでいくというエクササイズにトライ。紙に書いた「あるモノ」が何かを参加者みんなで当てるというもの。「それは食べ物ですか?」「それはにおいがありますか?」など、イエス・ノーで答えられる質問を参加者が一問ずつ聞いていくと「あるモノ」が浮きだってきます。あれもこれもで頭の中が漠然として大切な1つを見失ったときにつかえそう。

情報を関係づける。

そして最後は、「まったく関係がないような2つのものを比較して、連想を広げつつ、共通点を見いだす」というエクササイズをやりました。意外な関係性を発見するのがねらいです。これは、前のお話で出てきた「2+1」につながる、実践的なエクササイズで皆さん、とても発想豊かな答えをしていました。

↑ページの先頭へ戻る

本日のまかない

お食事の時間も話はつきませんでした!

<本日のまかない>

◆玄米おにぎり(2種)
◆雑穀の揚げ物
◆漬け物・佃煮
◆具だくさんみそ汁
◆キャロットケーキ
◆コーヒー

↑ページの先頭へ戻る

スタッフの感想

スタッフの感想

りっつんの夜学は出会いの場となりつつあります。夜学が終わる頃にはみんなが知り合いになり、それぞれの夢や、やりたいことなどを話している姿を見ると、スタッフの私でさえとてもいい場だなぁ~と感じます。何かやりたいけれど何かが分からない、そんなパワーあるみなさん、ぜひ夜学にご参加くださいね。
最後に、今回の夜学で心に残った言葉を皆さまへ。
「自分を変えようと思ったとき、その成果はひょんなところで時間を経てあらわれる。だから、努力することをあきらめないで」

↑ページの先頭へ戻る

今回の夜学のご案内

【第6回目】 10月28日(金)19:00~21:30
「立ち上がる編集『お店が出来る瞬間に必要なツール』」
編集学校代匠・りっつん店主・小清水美恵
まかないつき学費 2,000円

9月23日に開催した夜学「編集学プロローグ・店舗経営に必要な編集学」では「情報の編集」についてお話しさせていただきました。そして、りっつん店主・小清水の第2回目夜学「立ち上がる編集『お店が出来る瞬間に必要なツール』」は、10月28日(金)19:00~ 予定しています。費用はまかないつき2,000円。1回目に参加されなかった方でも大丈夫。店舗経営に興味がない方でも、日々の暮らしの思考に役立つ話が聞けるはずです。ぜひ、ご参加くださいね。

■次回夜学のお知らせ、お申込などはコチラからどうぞ!
■別回の夜学レポートもご覧いただけます→コチラからどうぞ!

↑ページの先頭へ戻る

■お問い合せ:夜学についての内容および講師の個人的なお問い合わせについては、メールで承っております。

ページの先頭へ戻る

表紙へ戻る