表紙へ戻る

Ritz'n

りっつんについて

営業のお知らせ・アクセスマップ りっつんの環境方針 読む、りっつん 考える、りっつん りっつん夜学

バックナンバー

第5回夜学 「100%ヘナの話~株式会社ナイアード・川上一帆さん~」

第5回りっつん夜学 ナイアードの川上さんによる『100%ヘナのおはなし』が10月15日(土)に開催されました。
その模様をスタッフの飯田がお伝えします。

川上一帆さんと比田井結さん

10月15日(土)十三夜の夜、残念ながら外は雨。
お月さまは見えませんでしたが、見えない月の存在をかんじながら、
ナイアードさんの夜学がはじまりました。

■株式会社ナイアード
川上 一帆(かずほ)さんと比田井 結(ひだい ゆい)さん

株式会社ナイアードとは…

世界各地でのフィールドワークを重ね、現地のスタッフとともに、素材そのものの良さが生きているもの、地球にも、体にもやさしいものをコンセプトに、シンプルで心地よい生活を送るための商品を企画・開発している会社。

ナイアードHP→http://www.naiad.co.jp

↑ページの先頭へ戻る

まずは、ヘナ染めの実演から。

ヘナ手染め実演

この日は、ヘナの実演付!ということで、さっそくヘナ染め体験からスタートです。
参加者のお一人、「白髪が気になる」という鶴井さんがモデル。
川上さんは、「ヘナ+木藍(もくらん)」の商品をセレクトし、
実際にデモストレーションしながら、染め方のポイントを教えてくれました。

ヘナの染め方

  • 1.使用量のヘナをお湯で溶く。→ショートヘアで50g、ロングヘアで100gが目安。
  • 2.髪は軽くお湯で洗い、タオルドライする。
  • 3.ヘナをシャンプーするように、全体に馴染ませる。
  • 4.全体に塗りおわったら、ラップまたはヘアーキャップをかぶり、1時間置く。

川上さん伝授!「ヘナを上手に染めるコツ」

  • ◆染める前に髪をよくとかす。
  • ◆ヘナ粉末は熱湯でペースト状にとく。
    (「ヘナ+木藍」の商品は熱湯を避ける。ぬるま湯で
  • ◆ペースト状の固さは、髪に塗ってたれない程度(マヨネーズくらいの固さ)。
  • ◆熱湯で溶いたヘナは、30分くらい置く。
    (「ヘナ+木藍」の商品はぬるま湯で溶いたらすぐ使う
  • ◆ヘナは頭皮をマッサージする感じでもみこむ。 →インドでは頭皮をもみほぐしながら、髪を引っ張ったりしてやるそうです。
    頭皮の血行がよくなり、染色に効果的みたいです。
  • ◆最低でも1時間は置く。長く置くほど、染色・トリートメント効果が高まる。
  • ◆ラップを巻いたら、上にタオルや保温キャップをかぶせると効果的!
    ドライヤーをかけるのもよい。
  • ◆寒い時期は、染まりが悪くなることがある。部屋を暖かくしてやるとよい。

↑ページの先頭へ戻る

ヘナ染めと同時に、比田井 結さんがヘナアートの実演もしてくれました!

ヘナアート

ヘナアート

←仕上がりはこんな具合です。
ヘナで好みの模様を描いて、1~2時間ほどそのままにします。
乾燥してきたら、霧吹きなどで水をかけながら・・・
そうすると・・・
きれいなオレンジ色に模様が色づきました!
手軽に楽しめてオススメです!

  • ※まれに、ちくちく感じたり、違和感を感じる場合があるそうです。ヘナアレルギーとも考えられるので、その場合は、すぐに洗い流して、その後は使用を避けた方がよいそうです。

↑ページの先頭へ戻る

ここで、店主の挨拶が入りました。

りっつん店主

ご挨拶が遅れましたが、りっつん店主の小清水と申します。
今日は十三夜なんですね。十五夜でお月様を眺めて、十三夜でまたお月様を眺めると幸せなことが起こるそうです。今日はナイアードさんが幸せを運んできてくれることでしょう。
ナイアードさんは、ヘナだけでなく、他にも外国の現地の人たちとステキな製品を作っています。今後もそんな製品をひとつずつ掘り下げていく夜学をやっていきたいなと思っています。
残念ながら今日は雨でお月様は見えませんが、見えない月の存在を感じながら、最後までごゆっくりお過ごしください。

↑ページの先頭へ戻る

そして、ヘナの話へ。

ヘナはミソハギ科の植物。乾燥地帯に半自生しています。ほうっておくと、2~3mくらいの高さに成長するそうです。でも、大きくなりすぎると染料成分が少なくなるそうで、通常は背丈くらいの高さで収穫するんですって。

ナイアードさんのヘナは、北インド・ソジャットという地域でとれるものを原料にしています。
ヘナでも品質によってグレード分けがあって、2~3年くらいの葉っぱが大きい物が最高級グレード。紛状にしてしまうと品質が分からなくなってしまうので、スタッフが現地へ足を運び、葉っぱの状態で選んでくるそうです。
ヘナの収穫シーズンは秋。今年も10月下旬ごろ現地へ向かうそうですよ。そして、粉砕からブレンドまでの工程をナイアードさんの目の届く範囲で行われるそうです。

ヘナが長い間インドなどで使われてきたのは、トリートメント効果にあるそう。ヘナは髪につや、コシを出すだけでなく、マッサージして頭皮にもみこむことで、毛穴の老廃物を取り除いてくれるとか。

↑ページの先頭へ戻る

ナイアードさん注目のモロッコまで。

川上さんのおはなし

最後に、ナイアードが「自然素材が豊かな国」として、
注目のモロッコ由来の商品についてもお話が広がりました。(モロッコの場所、みなさんご存知でしたか?)


アルガンクリーム

地中深く根を張り、砂漠化から大地を守るというアルガンの木。その木の実からとれるアルガンオイルと蜜ろうを混ぜてナイアードさんが独自に作った商品です。アルガンオイルはビタミンEが豊富だそうで、スキンケアやヘアケアにおすすめだそうです。

ガスール

ガスール

現地の女性たちは洗顔などで普段から使っているという粘土。粘土の吸着力で汚れが取れるそうです。乾いてつっぱる前に洗い流すのがポイント。川上さんおすすめは、入浴剤として使うこと。粉末タイプのガスールを大さじ1ほど、湯船に入れると、体が温まり、お肌もしっとりするそうですよ。


バラ水

11月初旬に発売予定の新商品。ベルベル人の村で、畑の垣根や水路の際に植えているバラを蒸留させてたときに取れるお水がバラ水。もちろん、農薬などは使わずに育てられています。現地の人は、このバラ水を化粧水、お祈り前の身の清め、目薬代わり、腹痛に飲むなど幅広く使っているそうです。

↑ページの先頭へ戻る

本日のまかない

最後にみなさんでお食事をしながらヘナのお話しを。

<本日のまかない>

◆粒そばとひえのボール
◆車麩の唐揚げ
◆青菜のおひたし梅肉添え
◆豆富のことこと煮
◆玄米ごはん
◆佃煮・ぬか漬け

↑ページの先頭へ戻る

ヘナ

ナイアードさんのステキな商品は、雑貨店で取り扱いしております。
ぜひお立ち寄りください。

ヘナ

◆ヘナ100% 100g/1,050円 400g/3,150円
◆ヘナ+10種のハーブ 100g/1,260円 400g/3,780円
◆ヘナ+木藍(もくらん) 100g/1,575円 400g/4,725円

アウル

100g/1,260円 400g/3,780円

ガスール

◆固形 150g/525円 500g/1,260円
◆粉末 150g/630円 500g/1,575円

アルガンクリーム

8ml/1,260円 50ml/3,150円

ビーワックス リップクリーム

1,050円 ※今年も入荷しました!

↑ページの先頭へ戻る

スタッフの感想

スタッフの感想

ヘナには今までまったく縁がなかった私。「染色するもの」と思いこんでいたので、髪を染めない私には縁がない物と思っていました。ところが、ヘナには染色はもとより、「トリートメント効果」が高いということを知り、ぜひ使ってみようと思っているところです。
ヘナを紹介した商品ディスプレイ、実演用に持ってきてくださったタオルやボールなども、一つ一つがステキな物を使っていて、ナイアードさんのこだわりを垣間見られました。「モロッコの人は言葉を覚えるのが早く、3~4カ国語くらい話しますよ」という川上さんのお話に、いつかは行ってみたいと思っていたモロッコの魅力にますます惹かれた夜でした。

↑ページの先頭へ戻る

今回の夜学のご案内

【第5回】 10月15日(土)18:00~20:00
「100%ヘナのおはなし ~タトゥー・毛染め実演~」
株式会社ナイアード・川上一帆
まかないつき学費 2,000円

ヘナはインドやエジプトに自生する天然の植物染料。最近のヘナ人気で、まがい物も出まわっているようですが、ナイアードさんが独自に企画をしたヘナは混ぜものを一切していない、純植物原料100%のもの!素手で染められるくらい、安全に使えるものなのです。しかも、ナイアードさんでは、スタッフが直接、生産地へ赴き、ヘナが作られる全工程を見たうえで、現地の人々にとっても、お互いにいい方法を話し合って輸入しているそうです。
そんなヘナを取り扱っているナイアードさんに、今回はとっておきのヘナ話を聞かせていただきます。しかも、それだけじゃありません!希望者にはヘナのタトゥー、白髪染めの実演まで、盛りだくさんの内容を予定しています。

■次回夜学のお知らせ、お申込などはコチラからどうぞ!
■別回の夜学レポートもご覧いただけます→コチラからどうぞ!

■お問い合せ:夜学についての内容および講師の個人的なお問い合わせについては、メールで承っております。

ページの先頭へ戻る

表紙へ戻る