表紙へ戻る

Ritz'n

りっつんについて

営業のお知らせ・アクセスマップ りっつんの環境方針 読む、りっつん 考える、りっつん りっつん夜学

考える、りっつん その他のレポートを見る

今日から始める「ナチュラルコスメ」 ~現代に活きる、魔女からのレシピ~

いま、ご自分の周りを見渡してみてください。
多くの石油製品に囲まれていることにお気付きですか?

化粧品は石油製品

私たちの生活は、石油によって成り立っています。
自動車やバイクの燃料であるガソリン、スーパーに並ぶ食材を包装するプラスチック容器、衣料品、食品添加物、洗剤…あらゆる物に使われています。現代農業における今日の肥料や農薬の大半も、これに依存しています。
そして、化粧品もまた「石油製品」の一つです。

"美しく見せること"を目的とする化粧という行為は、本来、素肌の健康を保つために用いられてきました。何千年にわたって使われてきた自然素材の化粧品は、「魔女狩り」を経る歴史の中で、古くさいものとして石油産業の発展の陰のほうへと追いやられてきました。
しかし、現代の豊かな生活を謳歌させたかに見えた石油製品は、今では水や空気の汚染や温暖化など深刻な環境破壊の大きな一因となっています。

わずか100年、日本では60年の歴史しかない、石油系合成化学成分で作られた化粧品を生身の肌に塗ることに、何の抵抗もありませんか?

「塗れば塗るほど、肌荒れ・シミになる。」
石油製品である化粧品は、皮膚呼吸を妨げます。呼吸ができない皮膚は早く衰え、"化粧やけ"を起こしやすくなることは容易く想像できます。スキン・ケアだと思ってしていたことが、"スキン・ダメージ"になっていたとは信じがたいことです。

↑ページの先頭へ戻る

表示指定成分のトリック

ドラッグストアの化粧品コーナーなどで、化粧品が安価に手に入る現状は、消費者にとってはよいことに違いありません。しかし、ここで考えてみてほしいのです。

肌トラブルに悩む女性が増えるにつれて注目されるようになった、「無添加化粧品」や「自然派化粧品」。「無添加化粧品」は、その名のイメージからは安心と思われがちですが、合成成分ゼロというわけではありません。表示指定成分のトリックによって、これもまた新たな肌の悩みを生んでいます。「自然派化粧品」は、植物エキスを抽出した成分を多く使った化粧品ということになりますが、化学成分が入ることで植物の力は激減してしまっています。

新しいものばかりを追い求める人の心理にうまく入り込む化粧品の罠。広告のトラップに現代人は踊らされ、行き着くべき目的地に辿り着けずに、迷路に入ったまま出てくることができないでいるようです。

↑ページの先頭へ戻る

いのちの犠牲の上に成り立つ美

テレビのCMや雑誌、化粧品メーカーのポスターを彩る美の裏側には、動物実験に苦しむ年間2000万匹もの動物たちがいることに目をそむけることはできません。美容や健康を言い訳に、使い捨てされるいのちの犠牲の上に成り立つ化粧品を、消費者の多くが手にとっている現実をあなたはどう受け止めますか?

化粧品の開発、製造にあたって動物実験を行わない製造業者であることを証明するマーク「Leaping Bunny」

「人体に直接使用するものなので、安全性を十分確保する必要がある」という理屈は、裏を返せば、「動物実験をした製品は、新しい未知の化学物質を使用しており(まだ人体実験をしていない)、かえって危険な製品なのだ」という事実を導き出します。

世界の化粧品メーカーが脱動物実験への動きをみせる中、日本だけが遅れをとっています。ようやく最近になって、2013年の動物実験廃止を目指している欧州連合(EU)の規制に配慮し、飲料や化粧品の大手企業が方針転換を始めています。消費者の意識の大きな変換は、生命を無駄にしない代替法への置換の後押しをすることでしょう。
安全性というのは、長い年月をかけて確認できることであり、高々数十年といった研究の末に実証されるものではないと考えます。

↑ページの先頭へ戻る

だから、「ナチュラルコスメ」

化粧に人を元気にする力があることは、高齢化社会を生きる私たちの希望にもなります。自分をより輝かせるスキンケア、メイクを楽しみましょう!

かつて中世ヨーロッパで、魔女と呼ばれた薬草を調合する女性神官たちの知識が、世界的な環境破壊に悩む現代の私たちの救いとなることを願わずにはいられません。 自然と共生の道をゆく人々は、真の美と健康を手に入れられることでしょう。

りっつんが選ぶ「ナチュラルコスメ」は、何千年にもわたり伝えられてきた人々の知恵と、豊かな自然の中で育まれた植物の力が活かされた化粧品です。

人との相性があるように、必ずしも万人に合う化粧品というのは有り得ません。実際にお肌に試すことで、相性のよい化粧品との出会いが叶うことでしょう。

↑ページの先頭へ戻る

今日のあなたを輝かせてくれたコスメは、真の美と健康をもたらしてくれましたか?

取り扱いメーカー紹介

私達の「きれい」を支える化粧品。りっつんが選ぶ「ナチュラルコスメ」メーカーのご紹介です。 使用している成分は、全て自然のもの。肌に悪影響を与える、石油系合成化学成分は一切使用されておらず、時間と手間をかけた高品質の製品です。華美な包装や過剰な広告宣伝はありません。動物を利用しての実験を一切行っていません。動物も自然も人も傷つけない暮らしの中に、小さいけれど本物の「きれい」や「しあわせ」があるような気がします。

オーブリー アルケナ ドクターハウシュカ
オーブリー

数百年以上民間伝承されてきた、野生または有機栽培のハーブを豊富に使い、色・香りも原料そのまま。自然のチカラを最大限に発揮できるように作られています。

 
アルケナ

世界初のオーガニックシルク配合、それ以外の原料も全て天然由来。肌本来が持つ再生力を引き出し、自然なバランスを取り戻すようにゆるやかにはたらきかけます。

 
ドクターハウシュカ

肌本来の働きを妨げることなく、優しくサポートしながらケアする化粧品。バイオダイナミック農法で育てられた植物を主に、1年もの熟成を経た、独自のリズム製法で抽出したエキスを全製品に配合しています。

ロゴナ   マルティナ   タウトロッフェン
ロゴナ

BIO原料および成分を主に、主要なハーブは自社で抽出。ハーブの研究に加え、絶えず最新の技術を利用した製品を生みだしています。

 
マルティナ

「自らの力で肌自身の再生力を呼び起こす」という理念に基づき、素肌の輝きを維持するスパゲリック法を用いた、シンプルかつ高品質の製品です。

 
タウトロッフェン

ドイツ語で「露のしずく」の意。純粋さの象徴であるしずくとともに信頼を込めて。自然のエネルギーを存分に使い、有機栽培あるいは野生の植物のチカラを引き出した製品です。

モンタルト      
モンタルト

わたしたちが肌につけるものは食物と同じように吸収されることから、原材料はすべて天然・自然の成分のみ、オーガニック原料を最大限使うのが基本。

 
ヴェレダ

自然の恵みを活かすバイオダイナミック有機栽培農法で育まれた植物を使い、成分の特性を損なうことなく製品を作っています。

   

↑ページの先頭へ戻る

お客様の声

※掲載しております体験談は、あくまで個人の感想です。ご了承ください。

サンスクリーン

  • ・一般的な日焼け止めを使うと、頬がほてって赤黒くなってくる。しかし、ナチュラルコスメではほてらず、皮膚が苦しくならないので落としたくならない(洗顔したくならない)。
  • ・日焼け止めを塗った肌に汗が流れると、目にしみて痛いが、ナチュラルコスメではほとんどならない。

クレンジング

  • ・洗浄力の高いクレンジングを使わなくても落とせるので、肌にも負担がかからない。

スペシャルケア

  • ・長年何をしても改善しなかった"かかとのひび割れ"が、【タウトロッフェン カレンドラバルサム】で元通りに。大変驚きました。一滴の水も混ぜられていない植物オイルの力は素晴らしいです。

入浴剤

  • ・【ドクターハウシュカ ラベンダーバス】は、アトピー肌の炎症をしずめてくれるので手放せません。

ナチュラルコスメ全般

  • ・自然な心地よい香りで、アロマ効果まである。
  • ・化粧をした後、料理のときに気を使わないでよい。(食べ物にケミカルな香りや成分がうつる心配がない。)
  • ・猫や犬が寄ってくる上、塗った肌を猫がなめる。それほど自然。
  • ・小さい子どもが触ったりなめたりしても安心。
  • ・ケミカルなものを使用していて敏感になっていた肌が、丈夫になってきた

2010年9月更新

↑ページの先頭へ戻る

■その他のレポートは→コチラからどうぞ!

ページの先頭へ戻る

表紙へ戻る